電話をかける前の準備が肝心

工場の求人に応募の電話をかける際には、必ず下準備を済ませておくようにしましょう。電話は受けた相手の時間を費やします。その時間を無駄にさせないためにも、しっかりと用意してから電話をかけることは重要なマナーです。 まず、求人が掲載されていた広報誌などを用意してください。そこには会社名や応募の要件などが書かれていているからです。インターネットの求人広告をみた場合には、印刷するか内容を書きだしたメモを用意しておくとよいでしょう。次に、スケジュール帳やカレンダーなどで自分の予定を確認しておきます。面接時間など先方が提示した日時が、ほかの予定と重ならないように注意しましょう。応募の電話では、連絡先や担当名など忘れてはいけない内容が多いので、メモとペンも忘れないように準備してください。なお、伝えたい内容や質問したいことは、箇条書きで構わないので書き出しておくと、スムーズに話ができるようになります。

電話をかけるタイミングを考えることもマナー

工場の求人応募は、忙しい時間帯はなるべく避けて電話するようにしてください。求人票に連絡希望時間が掲載されている場合には、その時間内に電話するようにしましょう。なにも書かれていないのであれば、営業開始前後、営業終了前後の時間は避けましょう。この時間帯はとても忙しい時間帯だからです。昼休みなら時間があるだろうと思い応募の電話をする人が少なからずいますが、その時間帯は担当者が食事のために出払っていることが多いです。何よりも、休息中に連絡することはマナー違反です。なるべく避けるようにしましょう。

電話をかける際には、静かで人の言葉が聞こえやすい場所を選ぶようにしてください。何度も言葉を聞き返さなければならないような、騒音が多い場所からかけるのはマナー違反です。また、携帯電話やスマートフォンを使う場合には、電波条件のよい場所を選ぶようにしましょう。