面接では身だしなみが大切

面接に限らず、人と会う場面では、第一印象が大事と言われます。そのため、好印象を与える面接とするためには、身だしなみが大切です。事務職の面接でなくても、男性であればスーツ、女性であればジャケットなどを着用するようにします。履いている靴は、その人の性格など、人となりを表すといわれるため、サンダルやブーツなどは避け、着用している服装に合った、手入れされ靴を履くとよいでしょう。髪型も気を付けます。清潔感があって整えられた髪型とし、派手なカラーリングは避けます。身だしなみとともに持ち物もチェックします。履歴書などを面接時に渡す場合は、折れないようにクリアファイルに入れ、A4サイズほどのカバンで持っていくとよいでしょう。

良い印象を与える面接のためにできること

面接は、面接室に入る前、工場の事務所に入る時から始まっています。余裕をもって到着できるようにしますが、面接する側の準備を考え、予定時間の5分前くらいの時間に訪れるとよいでしょう。公共交通機関の遅延など、どうしても遅刻してしまう場合は、事前に電話で連絡をいれます。面接の前には、携帯電話の電源を切るか、マナーモードなど、気が散らない設定にしておきます。

面接室に入ったら明るくはっきりとあいさつをし、働きたいという気持ちを大切にして、笑顔で受け答えをすると、面接官の印象が良くなるはずです。会社のウェブサイトなどで事前に下調べしてもわからないことは質問できますが、自分本位で話すのではなく、実際に働くうえで確かめておきたいという気持ちで真剣に聞くと、印象が良くなるでしょう。