自動車工場で求められる人柄は真面目さ

面接では、相手の面接官に良い印象を持ってもらうのが基本です。工場では「真面目に働ける人」という人柄が求められます。いわゆる「チャラい人」というのは向いていません。不適合品を出さずに、製品を高品質に保つためには、堅物と言われるくらいの人柄が求められます。マニュアルを遵守し、仕事の時には仕事に集中する気質が必要なのです。

それらの人柄を、短い面接でアピールしなければなりません。そのためには、清潔感を保つことが大切です。髪型は清潔感のある髪型にして、髪が長い場合はゴムでとめましょう。髪の色も派手な色は避けましょう。男性はヒゲとモミアゲをキレイにしましょう。ツメは短く切り、派手すぎるネイルは避けましょう。

自動車工場の面接時にはスーツを着用する

着用するスーツも同様です。工場から指定がなくとも、面接の時にはスーツを着用するのが理想的です。面接時に着用するスーツは、黒や紺やグレーなど、落ち着いた色のものにするのが原則です。スーツのサイズが体に合っているか確認し、シワや汚れがないかを確認してください。またスーツから出る臭いにも気を遣いましょう。たばこや汗の臭いがしてしまうと印象が悪くなります。しかし、香水をしすぎるのにも注意しましょう。

ジャケットの中に着るワイシャツやネクタイは派手になりすぎないようにしましょう。

持参する鞄のサイズは、いわゆるビジネスバッグでA4サイズの書類が入る大きさにしましょう。ハンカチやティッシュもきちんと持ちましょう。